横浜市港北区 | 東急東横線「綱島駅」徒歩3分ご予約:045-531-8846

むし歯治療

生涯自分の歯で。できるだけ歯を削らず、痛みの少ない治療に取り組んでいます。

○生涯自分の歯で過ごすために最も大事なのは、自分の歯質をできるだけ多く残すことです。そのため当院では、歯の寿命を延ばすことに重点をおき、診断用レーザーを利用して、できるだけ歯を削らない治療に取り組んでいます。
○歯に痛みを感じる方、「虫歯かもしれない」と気づいた方は、できるだけ早く受診し、問題を解決していきましょう。当院では、なるべく痛みの少ない治療をおこなっています。

できるだけ自然な歯を残す

きちんとしたケアを怠れば、一般的に歯は、削れば削るほど寿命が短くなることは間違いありません。
むし歯にしないことが最も大切ですが、歯を長持ちさせるためには、むし歯になってしまった場合でも、削る量を最小限にすることが大切なことです。

痛みの少ない治療

レーザーを利用したむし歯診断のための器機

「むし歯かな?」と思う黒ずみも、歯の溝に色素が染み込んだだけで、実はむし歯ではない場合があります。

削る必要のない初期のむし歯を削らずにすむように、当院では、痛みのない診断用レーザー「DIAGNOdent(ダイアグノデント)」を使用し、正確な診断を行います。
むし歯があると音が鳴って知らせるので、お子様にも保護者にも分かりやすく、安心・納得して治療に取り組んでいただけます。

  • むし歯診断のための器機
  • むし歯診断のための器機

痛みの少ない治療

患者さんにとって、歯科がきらいな一番の理由は「痛いから」ではないでしょうか。
当院では、痛みをなるべく少なくするために、麻酔薬を体温に近い温度に温めたり、極細の注射針が使用でき、麻酔薬がしみこむ速度に合わせて、時間をかけてゆっくりと麻酔薬を注入できる電動麻酔器を使っています。
  • 痛みの少ない治療
  • 痛みの少ない治療

大切なのはセルフケア

歯科医院で口腔内をどんなにきれいにしても、ご自宅でのセルフケアがおろそかでは治療の効果は望めません。
当院では、実際に患者さんに歯磨きをしていただき、磨き残しを調べたり、必要に応じて細菌検査を行います。

さらに、適切なブラッシングの方法や磨き方の欠点を説明し、患者さんご自身で適切なホームケアが行えるよう、指導しています。

セルフケア

定期検診の重要性

むし歯の治療は、詰め物をしたりかぶせて終わりではありません。お口のケアを怠れば、また次のむし歯ができてしまいます。
治したところのチェックと、セルフケアだけでは行き届かない汚れを、お口の健康のプロフェッショナルである歯科衛生士によるクリーニングでケアし続けていくことが大切です。
お口の病気のリスクが高まる前に、定期的にリスクをリセットしていくことが重要なのです。
定期検診

悪化してしまったむし歯には、「根管治療」を行います。

むし歯が悪化すると、「歯髄」が細菌感染をおこし、激しい痛みを感じるようになります。
こうなってしまった場合、除痛のため、感染してしまった歯髄を全て取り除く治療「根管治療」が必要です。
根管治療は、回数がかかりますが歯の寿命を左右する大切な治療です。
定期検診